お金についての知識を勉強することの必要性

お金についてはあまりしっかりと義務教育などで教えられていないと思います。税金のことや社会保険のことなど社会の時間にそういう制度があるということぐらいの認識で終わっていることが多いのではないでしょうか。税金についても税率がどのように決められていてどういったものに発生するのかという細かいことまでは知らずに大人になって納税する段階で初めて意識するといった具合ではないでしょうか。税金に限らず保険に関しても公的な保険と個人的な保険があり、いろんなメリットやデメリットなど詳しく知っている人はもはや専門家しかしないという現状ではないでしょうか。だからといってそのままお金に関して無知なままでいてはいろいろなところで損をしてしまっていることも多いと思います。手続きをするだけて行政から還付金や補助金などを受け取れる制度があることもありますし、税金の知識を持つだけで節税対策もできます。保険に関してもいざというときにまったく恩恵を受けることができなかったり、個人的な無駄な保険料を払い続けているということもあります。またもっと積極的に株式など投資的な知識があればお金を増やす機会やチャンスというものも出てきます。そういった知識がなければ投資などもできないですし、社会を生きていくためにはお金の知識を勉強することの必要性を痛感します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です