高校生のときにもらっていたお小遣いは毎月2千円!

私の母親はドケチです。
スーパーへ買い物へ行っても必要なものしか買ってきません。

ちょい買いしてしまいそうなお菓子やセール品に目もくれず。
幼いころに母親と買い物へ行っても「お菓子付き玩具」を買ってくれることも1度もありませんでした。

ほかのお友達はお菓子やおもちゃを買ってもらっているのに私だけ・・・。
少し寂しい思いをしたこともあります。

なんとか幼少期はそれなりに過ごせたのですが、問題は高校生のときです。
オシャレも楽しみたい年ごろ。

友達とごはんを食べに行く機会も増えます。
お金が欲しかったのでバイトをしたかったのですが、学校ではバイト禁止でした。

結果、お金が入ってくるのは母からもらうお小遣いのみです。
しかも毎月2千円だけでした。

今思うと、どうやって遊んでいたのか?不思議でたまりません。
どうしても必要なものは母にお願いして買ってもらっていました。
それでも遊ぶお金は足りません。

友達とごはんを食べに行くのもワンコインで食べられるマックかガストです。
カラオケへ行くのも1カ月に1回行けたらいい方でした。

ふと周りの友達にお小遣いはどれくらいもらっているのか気になり聞いてみることに。
すると毎月平均5千円はもらっているようでした。

毎月2千円はないよねーとみんなに言われたことを覚えています。
ドケチな母親ですが、節約してきた結果立派なマイホームを手にしています。
それは流石にすごいなと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です