出費がかさむと大変な慶弔費はどうしてる!?

毎日頑張って節約生活をしていても、避けては通れないのが「慶弔費」です。
特に若い方だと周りが結婚や出産をするとお祝いが必要ですよね。

結婚式にお呼ばれすると3万円はお祝いが必要です。
さらに夫婦そろって出席するときには家計は大赤字ですよね。

家計をどう調整しようが赤字覚悟の慶弔費。
そうならないためにはどうしたらよいのでしょうか。

私は前もって慶弔費の予算をとっています。
結婚していない友達を数え、お祝い金を前取りです。

それプラス出産祝いや弔辞費なども確保しています。
別にお金を取っておくことで安心できます。

もう一つ忘れがちなのが「お年玉」です。
意外と出費が大きいものですよね。

自分の子どもにはもちろん、きょうだいの子どもなど数えると数万単位で飛んでいきます。
1年に1回、必要なお金を別にしておくとよいでしょう。

また急なお祝いが必要になったときに慌てないよう、新札を常備しておくことをおすすめします。
お祝いがあるたびに、銀行へ行くのも面倒ですよね。

私は金庫に10万円くらい新札を常備しています。
すぐに準備ができるので便利です。

いつどこで何が起きるか分からない慶弔費。
前もってお金をとって準備しておくことも大切かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です