食費の節約のポイントは「スーパとドラッグストアのはしご」

私の住んでいる地域にはスーパーや産直市場、ドラッグストアなどが点在しています。
どこで買い物をしようか迷うほどです。

なるべく食費を抑えるために心がけていることがあります。
それはスーパーとドラッグストアをはしごして買い物することです。

食料品がそろうスーパーでは一通りの買い物を済ませられます。
しかし注目したいのが「ドラッグストア」です。

最近のドラッグストアはお薬だけでなく、食料品がそろうところが増えてきました。
特定曜日しか冷凍食品が安くならないスーパーに比べ、ドラッグストアでは毎日激安価格で購入できます。

ほかにも豆腐や牛乳、お肉などもかなり安いです。
ドラッグストア独自のブランド商品を展開しているところでは、ふだん購入している商品より安く手に入れることができます。

プライベートブランド商品でも一流メーカーが製造しているものもあります。
安いだけではなく、よい商品を購入できるドラッグストアは欠かせません。

そこで私はドラッグストアにない商品をまずスーパーで購入します。
次にほかの食料品すべてをドラッグストアでそろえます。

毎回、合計500円くらいの節約になっていると思います。
スーパーで買うより1~2割価格で購入できているので、かなりの食費節約です。

ドラッグストアの商品が安いので、つい買いすぎてしまうのがデメリットすが。
必要なものを必要なだけ買うことができれば節約は可能だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です